【--- カール・ベーム ---】

Karl Boehm (1894.08.28 - 1981.08.14)




所有盤数: 9種 + 同演異盤4枚 計13枚


ドレスデン国立歌劇場管弦楽団 (1941年)
ヘッセン放送交響楽団 (1954年9月30日 Live)
ウィーン交響楽団 (1957年6月20-26日)
バイロイト祝祭管弦楽団 (1963年7月23日 Live)
ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団 (1963年11月7日 Live)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (1970年4月25-30日)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (1973年1月13日 Live)
ウィーン交響楽団 (1980年7月18日 Live)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (1980年11月19-24日)







LYS / LYS404 PROFIL / PH 06035
演奏 カール・ベーム 指揮
ドレスデン国立歌劇場管弦楽団
独唱 マルガレーテ・テシェマッハー(S) エリーザベト・ヘンゲン(Ms)
トルステン・ラルフ(T) ヨーゼフ・ヘルマン(Br)
合唱 ドレスデン国立歌劇場合唱団
録音年月日 1941年 セッション録音 モノラル
録音場所 ドイツ、ドレスデン
備考  
所有盤 DANTE / LYS 404 [フランス盤]
15:47 09:54 16:43 24:20

PROFIL / PH 06035 [2006年 ドイツ盤]
15:30 09:40 16:22 23:49
視聴メモ PH06035は入手しやすい音盤ですが、ぼやけて精細の欠けた、不自然な音になってしまっており推薦できません。なぜこんな酷い復刻をしたのでしょうか…



ARCHIPEL / ARPCD-0161 LIVING STAGE / LS-1002
演奏 カール・ベーム 指揮
ヘッセン放送交響楽団 (現:フランクフルト放送交響楽団)
独唱 テレサ・シュティッヒ・ランダル(S) ゲルトルーデ・ピッツィンガー(A)
カール・フリードリヒ(T) ゴットローブ・フリック(Bs)
合唱 ヘッセン放送合唱団
録音年月日 1954年9月30日 ライヴ収録 モノラル
録音場所 ドイツ、フランクフルト
備考  
所有盤 ARCHIPEL / ARPCD-0161 [2005年 ドイツ盤]

LIVING STAGE / LS-1002 [2002年 ドイツ盤]
16:40 12:04 23:11 19:52
視聴メモ 地の底から噴き出てくるような重心の低い熱演。

トラック3が異様に長いのは、第3楽章に続けて第4楽章の序盤まで収録されているためです。



演奏 カール・ベーム 指揮
ウィーン交響楽団
独唱 テレサ・シュティッヒ=ランダル(S) ヒルデ・レッセル=マイダン(A)
アントン・デルモータ(T) パウル・シェフラー(Bs)
合唱 ウィーン国立歌劇場合唱団
録音年月日 1957年6月20-26日 セッション録音 モノラル
録音場所 オーストリア、ウィーン
備考  
所有盤 PHILIPS / UCCP-9376 [日本盤]



GOLDEN MERODRAM / GM4.0075 MEMORIES EXCELLENCE / ME1037 CROWN RECORD / PAL-1
演奏 カール・ベーム 指揮
バイロイト祝祭管弦楽団
独唱 グンドゥラ・ヤノヴィッツ(S) グレース・バンブリー(Ms)
ジェス・トーマス(T) ジョージ・ロンドン(Br)
合唱 バイロイト祝祭合唱団 ヴィルヘルム・ピッツ(合唱指揮)
録音年月日 1963年7月23日 ライヴ収録 モノラル
録音場所 バイロイト祝祭劇場 (ドイツ、バイロイト)
備考 バイロイト音楽祭演奏
所有盤 GOLDEN MERODRAM / GM4.0075 [2005年 スロベニア盤]

MEMORIES EXCELLENCE / ME1037 [イタリア盤]
01:05-15:58 12:12 17:18 25:40

CROWN RECORD / PAL-1 [1987年 日本盤]
16:59 12:10 17:16 26:40
視聴メモ 演奏前に、歓喜の主題のファンファーレがあります。



演奏 カール・ベーム 指揮
ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団
独唱 エリーザベト・グリュンマー(S) クリスタ・ルートヴィヒ(Ms)
ジェームズ・キング(T) ヴァルター・ベリー(Br)
合唱 ベルリン・ドイツ・オペラ合唱団
録音年月日 1963年11月7日 ライヴ収録 ステレオ
録音場所 日生劇場 (日本、東京)
備考 日本初の外来音楽家のみによる第九演奏
所有盤 MEMORIES EXCELLENCE / ME1038 [イタリア盤]
16:15 11:28 16:35 24:05



演奏 カール・ベーム 指揮
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
独唱 ギネス・ジョーンズ(S) タチアナ・トロヤノス(A)
ジェス・トーマス(T) カール・リッダーブッシュ(Bs)
合唱 ウィーン国立歌劇場合唱団
録音年月日 1970年4月25-30日 セッション録音 ステレオ
録音場所 オーストリア、ウィーン
備考 交響曲全集あり
所有盤 DEUTCHE GRAMMOPHON



演奏 カール・ベーム 指揮
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
独唱 ヘレン・ドーナト(S) ゲルトルート・ヤーン(A)
ルネ・コロ(T) ヴァルター・ベリー(B)
合唱 ウィーン国立歌劇場合唱団
録音年月日 1973年1月13日 ライヴ収録 ステレオ
録音場所 オーストリア、ウィーン
備考 正規盤未発売、オットー・ニコライ記念演奏会
所有盤 LANNE HISTORICAL COLLECTION / LHC-7083 [2008年 イギリス盤]
15:16 11:59 16:08 25:14
視聴メモ 「これが本当にベームの第九?」と思ってしまうほどの凄演。 スタジオ盤はもちろんのこと、他のライブ盤と比べても異常に熱くテンポの速い演奏で、まるで別人のよう。
(録音のピッチがやたら高いので再生装置等での修正が必要です)



演奏 カール・ベーム 指揮
ウィーン交響楽団
独唱 ピラール・ローレンガー(S) ハンナ・シュヴァルツ(A)
ホルスト・ラウベンタール(T) ペーター・ウィンベルガー(Bs)
合唱 ウィーン国立歌劇場合唱団
録音年月日 1980年7月18日 ライヴ収録 ステレオ
録音場所 オーストリア、ブレゲンツ
ブレゲンツ音楽祭での演奏
備考 正規盤未発売
所有盤 METEOR / MCD-030 [1993年 アメリカ盤]
17:13 13:01 17:18 26:46



演奏 カール・ベーム 指揮
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
独唱 ジェシー・ノーマン(S) ブリギッテ・ファスベンダー(A)
プラシド・ドミンゴ(T) ヴァルター・ベリー(Bs)
合唱 ウィーン国立歌劇場合唱団 ヴァルター・ハーゲン=グロル(合唱指揮)
録音年月日 1980年11月19-21, 24日 セッション録音 ステレオ
録音場所 ウィーン楽友協会大ホール (オーストリア、ウィーン)
備考 ベームの生前最後の第九演奏
所有盤 DEUTCHE GRAMMOPHON / F25G-29013 [日本盤]
18:34 13:22 18:15 7:30-21:05
視聴メモ ベーム最後の第九であり、最後の楽曲録音。重厚でテンポが遅く、崩れかけている部分もあるため、聴く人によっては「弛緩している」などの印象を受けるかもしれません。 しかし、一音一音を大事に踏みしめていく、ベームの第九で最も感動的な演奏です。







戻る