【--- マリス・ヤンソンス ---】

Mariss Jansons (1943.01.14 - )


所有盤数: 4種 + 同演異盤1枚 計5枚


ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 (2006年12月25日 Live)
バイエルン放送交響楽団 (2007年10月27日 Live)
バイエルン放送交響楽団 (2009年10月30日 Live)
バイエルン放送交響楽団 (2012年12月1日 Live)







RCO LIVE / RCO12004
演奏 マリス・ヤンソンス 指揮
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
独唱 クラッシミラ・ストヤノワ(S) マリアンネ・コルネッティ(A)
ロバート・ディーン・スミス(T) フランツ=ヨーゼフ・ゼーリヒ(Bs)
合唱 ネーデルラント放送合唱団
録音年月日 2006年12月25日 ライヴ収録 ステレオ
録音場所  
備考  
所有盤 RCO LIVE / RCO12004, CD9  [2012年 オランダ盤]
15:35 11:30 14:08 24:02



ARTHAUS MUSIK / 101457 BR KLASSIK / 900118
演奏 マリス・ヤンソンス 指揮
バイエルン放送交響楽団
独唱 クラッシミラ・ストヤノワ(S) リオバ・ブラウン(Ms)
ミヒャエル・シャーデ(T) ミヒャエル・フォッレ(Bs)
合唱 バイエルン放送合唱団 ミヒャエル・グレイザー(合唱指揮)
録音年月日 2007年10月27日 ライヴ収録 ステレオ
ローマ教皇ベネディクト16世御前演奏
録音場所 パウロ6世オーディエンス・ホール (バチカン)
備考 交響曲全集あり
所有盤 ARTHAUS MUSIK / 101457 (DVD) [2008年 日本盤]
16:00 12:17 13:47 24:04

BR KLASSIK / 900118 [2012年 ドイツ盤]
15:55 12:08 13:37 24:08
視聴メモ 当初単品でDVDが発売され、後にCD化、そして交響曲全集に収録された演奏。他の8曲は2008年と2012年にミュンヘンで演奏されたもので、バチカンでの演奏はこれのみです。



DIRIGENT / DIR-0441
演奏 マリス・ヤンソンス 指揮
バイエルン放送交響楽団
独唱 リューバ・オルゴナソヴァ(S) リオバ・ブラウン (Ms)
クリスティアン・エルスナー(T) ジェラルド・ フィンリー(Bs)
合唱 バイエルン放送合唱団
録音年月日 2009年10月30日 ライヴ収録 ステレオ
録音場所 ドイツ、ミュンヘン
備考 正規盤未発売
所有盤 DIRIGENT / DIR-0441  [2009年 アメリカ盤]
00:34-16:41 12:56 13:40 25:25
視聴メモ 併録されているカンチェリの「Dixi」は後に二回目の交響曲全集(下記)に収録されましたが、演奏時間が5秒ほど異なっています。当盤の演奏が10月30日で全集の演奏が29-30日とのことなので、全集のものは2回分の演奏を編集しているのかもしれません。



BR KLASSIK / 900119
演奏 マリス・ヤンソンス 指揮
バイエルン放送交響楽団
独唱 クリスティアーネ・カルク(S) 藤村 実穂子(A)
ミヒャエル・シャーデ(T) ミヒャエル・ヴォッレ(Bs)
合唱 バイエルン放送合唱団
録音年月日 2012年12月1日 ライヴ収録 ステレオ
録音場所 サントリーホール (日本、東京)
備考 交響曲全集あり
所有盤 BR KLASSIK / 900119  [2013年 ドイツ盤]
14:59 11:35 12:39 23:52
視聴メモ この全集はBD/DVDとCDの2種類があり、内容がかなり異なっています。
BD/DVD版は2012年11-12月に東京で行われたチクルスを第1番から第9番まで全て収録。 CD版は先述のチクルスがメインですが、第3番と第6番がミュンヘン公演のもので前回の全集と同じ演奏です。 ヤンソンス本人がその完成度を気に入っているため今回も収録したとのことですが、前回の全集を持っている身からすれば嬉しくなかったり…  ただ、CD版にはベートーヴェンに因んだ現代音楽が6曲収録されており、面白い試みとなっています。







戻る