【--- クラウス・テンシュテット ---】

Klaus Tennstedt (1926.06.06 - 1998.01.11)




所有盤数: 5種 + 同演異盤2枚 計7枚


ボストン交響楽団 (1976年7月30日 Live)
ミネソタ管弦楽団 (1982年2月5日 Live)
ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 (1985年9月13日 Live)
ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 (1991年8月31日 Live)
ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 (1992年10月8日 Live)







SIBERIAN TIGER / ST003
演奏 クラウス・テンシュテット 指揮
ボストン交響楽団
独唱 Niska(S) Killbrew(A)
McCoy(T) Plishka(B)
合唱 タングルウッド音楽祭合唱団
録音年月日 1976年7月30日 ライヴ収録 ステレオ
録音場所 アメリカ、マサチューセッツ州 タングルウッド
タングルウッド音楽祭での演奏
備考 正規盤未発売
所有盤 SIBERIAN TIGER / ST003 [2004年 アメリカ盤]
15:25 10:17 16:12 23:09
視聴メモ テンシュテットの第九の中で最も激しい演奏。あの85年盤ですら生温く感じてしまうレベルです… 第2楽章の見事な高速運転には腰を抜かしそうになります。



MEMORIES EXCELLENCE / ME1045
演奏 クラウス・テンシュテット 指揮
ミネソタ管弦楽団
独唱 Esther Hinds(S) Janis Hardy(Ms)
Dannis Bailey(T) Samuel Ramey(Bs)
合唱 ミネソタ大学交響合唱団
録音年月日 1982年2月5日 ライヴ収録 ステレオ
録音場所  
備考 正規盤未発売
所有盤 MEMORIES EXCELLENCE / ME1045 [イタリア盤]
16:23 10:46 17:41 24:25



BBC LEGENDS / BBCL 4131-2 RARE MOTH / RM 400-S
演奏 クラウス・テンシュテット 指揮
ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
独唱 マリ=アンネ・ヘガンダー(S) アルフレダ・ホジソン(A)
ロバート・ティアー(T) グウィン・ハウエル(Bs)
合唱 ロンドン・フィルハーモニー合唱団
録音年月日 1985年9月13日 ライヴ収録 ステレオ
録音場所 ロイヤル・アルバート・ホール (イギリス、ロンドン)
BBCプロムスでの演奏
備考 海賊盤はピッチが低いです。
所有盤 BBC LEGENDS / BBCL 4131-2 [2005年 イギリス盤]
16:04 10:58 16:51 06:12-17:42

RARE MOTH / RM 400-S [2001年 アメリカ盤]
16:13 11:08 17:08 24:05
視聴メモ 第4楽章は総員一丸で血の汗を流しながら演奏しているかのような凄絶さ。



MEMORIES EXCELLENCE / ME1024 RARE MOTH /RM 410-S
演奏 クラウス・テンシュテット 指揮
ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
独唱 ジェーン・イーグレン(S) キャスリン・クールマン(Ms)
アンソニー・ロルフ=ジョンソン(T) ジョン・トムリンソン(B)
合唱 ブライトン・フェスティバル合唱団
録音年月日 1991年8月31日 ライヴ収録 ステレオ
録音場所 ロイヤル・アルバート・ホール (イギリス、ロンドン)
BBCプロムスでの演奏
備考 正規盤未発売
所有盤 MEMORIES EXCELLENCE / ME1024 [イタリア盤]

RARE MOTH /RM 410-S [アメリカ盤]
16:24 10:11 16:19 24:23



演奏 クラウス・テンシュテット 指揮
ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
独唱 ルチア・ポップ(S) アン・マレイ(Ms)
アントニー・ロルフ・ジョンソン(T) ルネ・パーペ(Bs)
合唱 ロンドン・フィルハーモニー合唱団 ジェレミー・ジャックマン(合唱指揮)
録音年月日 1992年10月8日 ライヴ収録 ステレオ
録音場所 ロイヤル・フェスティバル・ホール (イギリス、ロンドン)
備考  
所有盤 LPO / LPO-0026 [2007年 イギリス盤]
16:53 09:23 18:40 26:51
視聴メモ これまでのテンシュテットの演奏にあった激しさが薄れていますが、伴われていた熱風のような高揚感は消えることがなく、それでいて和やかで、清麗な演奏となっています。 これ以前の演奏を聴き込んだ方が当盤に接すると、多少の驚きがあるのではないでしょうか。
テンシュテットと同じくルチア・ポップにとってもこれは最後期(亡くなる1年前)の演奏会で、心に留めておきたい歌唱です。







戻る