【--- クリスティアン・ティーレマン ---】

Christian Thielemann (1959.04.01 - )


所有盤数: 2種 計2枚


バイロイト祝祭管弦楽団 (2001.08.10 Live)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (2010.04 Live)







演奏 クリスティアン・ティーレマン 指揮
バイロイト祝祭管弦楽団
独唱 エミリー・マギー(S) ミシェル・プリート(A)
ロバート・ディーン・スミス(T) ロベルト・ホル(B)
合唱 バイロイト祝祭合唱団
録音年月日 2001年8月10日 ライヴ収録 ステレオ
バイロイト音楽祭開催125周年及び再開50周年記念演奏
録音場所 バイロイト祝祭劇場 (ドイツ、バイロイト)
備考 正規盤未発売
所有盤 EN LARMES / ELS 01-125 [2001年 アメリカ盤]
16:39 12:58 17:34 25:14
視聴メモ バイロイト音楽祭、つまりバイロイト祝祭劇場で演奏された第九としては現在唯一のステレオ録音で、『祝祭劇場で鳴り響く第九』がどういうものなのかをよく知ることができます。
演奏内容はその場に相応しい堂々たるもので、期待を裏切りません。



演奏 クリスティアン・ティーレマン 指揮
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
独唱 アネッテ・ダッシュ(S) 藤村 実穂子(A)
ピョートル・ベチャワ(T) ゲオルク・ツェッペンフェルト(Bs)
合唱 ウィーン楽友協会合唱団 ヨハネス・プリンツ(合唱指揮)
録音年月日 2010年4月 ライヴ収録 ステレオ
録音場所 ウィーン楽友協会大ホール (オーストリア、ウィーン)
備考 交響曲全集あり
所有盤 SONY / 88697927172 - CD5 [2011年 EU盤]
17:11 13:02 16:40 25:17
視聴メモ ウィーン・フィルを活かした上手く美しい響きですが、良くも悪くもスタンダードすぎる演奏。私にとっては盛り上がりのない凡演でした。 バイロイトでの熱演(上記)を知っている事もあって、がっかりです。
ティーレマンの指揮姿はあまり好きではないのでBDを購入する予定は今のところありません。







戻る